畳について – 畳の表替え 張替え 畳の専門店 あおい畳

畳について

畳は大きく分けて「畳床」「畳表」「畳縁」から成り立っており、「畳床」は畳の土台でワラを細かく縫い上げてあります。

現在ではボードやウレタンフォームなども多くなっており、用途に合わせて使い分けられています。

畳表はイ草で織り上げられており、そのイ草の質・長さ・色調が品質を決めます。
天然のイ草は断熱効果や空気浄化作用、湿度調整をする優れものですが、最近では変色しにくい防虫効果のある人工素材のものもあります。

畳縁は畳表を保護するとともに、様々な色柄によってさらにお部屋を引き立たせます。

畳の歴史

日本でイ草の利用が始まったのは弥生時代で、最初は器物を包む材料として使われ、やがて住居の敷物として筵に利用さていましたが、
現代の畳に近づくのは平安時代に入ってからで、厚みが加わり、平安時代の後期、貴人が座る場所に畳は常設化されました。

畳1畳はベッド、半畳は座具として使用され、高位の人の場所にさらに畳が重ねられるようになりました。

鎌倉後期、武家の住居では人が座る場所には畳をつなげて敷くようになり、室町中期からは部屋全体に畳を敷きつめ、
床板から敷居を上げ畳の側面を隠すようになり、江戸時代には畳を敷きつめることが庶民の住居にも行なわれるようになったようです。

畳は座る場所に敷かれはじめたことを考えれば、畳の上で椅子を使うのは座る物の上にさらに座る物を置くことになるのでしょうか。

最近は部屋に畳を敷き詰めるのではなく、1枚から数枚程度板間に置く、という平安時代のような使い方が復活しています。

畳のサイズ

畳サイズいろいろ
  • 1坪=約3.3㎡(3.30578㎡)
  • 1㎡=約0.3坪(0.3.25坪)
  • 1帖=1.548㎡(江戸間)
畳1帖あたりの面積
  • 京間:955㎜×910㎜=1.824㎡
  • 中京間:910㎜×1820㎜=1.656㎡
  • 江戸間:880㎜×1760㎜=1.548㎡
  • 団地間:850㎜×1700㎜=1.445㎡
  • 六二間:940㎜×1880㎜=1.767㎡
  • 六一間:925㎜×1850㎜=1.711㎡
京間(本間)・関西間

京間は主に関西地方で使用されているます

1帖の大きさ:6尺3寸×3尺1寸5分(191cm×95.5cm)
使用地域:京都・関西・中国・九州地方

1坪
3.31㎡ / 約1.81帖
2坪
6.62㎡ / 約3.63帖
3坪
9.93㎡ / 約5.44帖
4坪
13.24㎡ / 約7.25帖
5坪
16.55㎡ / 約9.07帖
6坪
19.86㎡ / 約10.89帖
7坪
23.17㎡ / 約12.7帖
8坪
26.48㎡ / 約14.51帖
9坪
29.79㎡ / 約16.33帖
10坪
33.10㎡ / 約18.14帖
中京間(三六間)

中京間は主に福井県で使用されています。

1帖の大きさ:6尺×3尺(182cm×91cm)
使用地域:愛知・岐阜・三重・福島・山形・岩手・北陸地方の一部・奄美大島

1坪
3.31㎡ / 約1.99帖
2坪
6.62㎡ / 約3.99帖
3坪
9.93㎡ / 約5.99帖
4坪
13.24㎡ / 約7.99帖
5坪
16.55㎡ / 約9.99帖
6坪
19.86㎡ / 約11.99帖
7坪
23.17㎡ / 約13.99帖
8坪
26.48㎡ / 約15.99帖
9坪
29.79㎡ / 約17.98帖
10坪
33.10㎡ / 約19.98帖
江戸間(五八間)・関東間・田舎間・狭間

江戸間・関東間・田舎間・狭間は主に富山県・石川県で使用されています。""

1帖の大きさ:5尺8寸×2尺9寸(176cm×88cm)
使用地域:関東・東北・北海道・東日本の大部分・全国的な標準規格

1坪
3.31㎡ / 約2.138帖
2坪
6.62㎡ / 約4.276帖
3坪
9.93㎡ / 約6.415帖
4坪
13.24㎡ / 約8.553帖
5坪
16.55㎡ / 約10.69帖
6坪
19.86㎡ / 約12.83帖
7坪
23.17㎡ / 約14.97帖
8坪
26.48㎡ / 約17.11帖
9坪
29.79㎡ / 約19.24帖
10坪
33.10㎡ / 約21.38帖
団地間(五六間)

団地間は主に全国の団地住宅で使用されています

1帖の大きさ:5尺6寸×2尺8寸(170cm×85cm)
使用地域:公団住宅・アパ-ト・マンション

1坪
3.31㎡ / 約2.291帖
2坪
6.62㎡ / 約4.581帖
3坪
9.93㎡ / 約6.872帖
4坪
13.24㎡ / 約9.163帖
5坪
16.55㎡ / 約11.45帖
6坪
19.86㎡ / 約13.74帖
7坪
23.17㎡ / 約16.03帖
8坪
26.48㎡ / 約18.33帖
9坪
29.79㎡ / 約20.62帖
10坪
33.10㎡ / 約22.91帖
六二間(佐賀間)

六二間は主に佐賀県で使用されています。

1帖の大きさ:6尺2寸×3尺1寸(188cm×94cm)
使用地域:九州地方の一部

1坪
3.31㎡ / 約1.873帖
2坪
6.62㎡ / 約3.746帖
3坪
9.93㎡ / 約5.62帖
4坪
13.24㎡ / 約7.493帖
5坪
16.55㎡ / 約9.366帖
6坪
19.86㎡ / 約11.24帖
7坪
23.17㎡ / 約13.11帖
8坪
26.48㎡ / 約14.99帖
9坪
29.79㎡ / 16.86帖
10坪
33.10㎡ / 約18.73帖
大津間(六一間)・安芸間・広島間

六一間は主に広島県で使用されています

1帖の大きさ:6尺1寸×3尺5分(185cm×92.5cm)
使用地域:近畿・中国地方の一部

1坪
3.31㎡ / 約1.935帖
2坪
6.62㎡ / 約3.869帖
3坪
9.93㎡ / 約5.804帖
4坪
13.24㎡ / 約7.738帖
5坪
16.55㎡ / 約9.673帖
6坪
19.86㎡ / 約11.61帖
7坪
23.17㎡ / 約13.54帖
8坪
26.48㎡ / 約15.48帖
9坪
29.79㎡ / 約17.41帖
10坪
33.10㎡ / 約19.35帖

畳の敷き方

祝儀敷き

一般家屋では通常の敷き方です。4枚の畳の角が一か所に集まらないように敷きます。

不祝儀敷き

縁起の悪いときの敷き方です。畳の角が十字になるように同じ方向に畳を並べる敷き方です。

床の間について

床の間のある部屋では、畳の縁を床の間に対して直角に敷いてはいけません。
上座である床の間の前中央に畳の縁があると、見た目が悪い事に加え、そこに座る主客が床の間の掛け軸や生け花を鑑賞する際に、座ったまま膝を滑らすことができないためなのです。

畳・襖・障子・網戸などの
お問い合わせ、お見積り

お見積りはもちろん、気になるお部屋の畳、襖、障子、網戸の診断も無料で行います。
その際の費用は一切かかりません。お気軽にお問い合わせください。

0120-022-193

8:00~20:00(年中無休)